読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生は一言で語れないぜ!

Dreamerな僕の365日

僕が出会った様々なネットビジネスの種類

f:id:gold-rainbow8212:20170423212524j:image

こんにちは、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

You (@journeyeartj) | Twitter です。

ゴールデンウィークのご予定はお決まりでしょうか。

きっと海外へ旅行に行かれたり、高級旅館・高級ホテルを予約されているのでしょう。

 

あ、すみません。

そんな豪勢な休暇は過ごしませんか、失礼しました。

ここ最近ちょっと危ない世界に足を突っ込んでいたせいで

金銭感覚が麻痺しておりました。

 

と、前置きはこの辺にして、今回の内容をご紹介します。

今回は前述の通り、ネットビジネスです。

怪しいです。怪しいですよね。そうです。怪しかったですよ。笑

 

だって、見る人見る人指輪にネックレス、いかにも高価な腕時計。

きっとたくさん稼がれているのだろうと、佇まいだけでわかりました。

命をかけてあらゆる怪しい世界に少しだけ足を突っ込んできたので

今回少しだけ業界で話題のネットビジネスをご紹介したいと思います。

 

…あんまり喋ると危ないので本当にちょっとだけですよ。笑

でもそこにはしっかりとした仕組みが作られていたのです!

PR

 

稼げるネットビジネスはやっぱり怪しい?

いくつかネットビジネスの類を調べて見たのですが、

最初に皆さんにお伝えしたいのは以下の2つです。

 

・インターネットが可能にした稼げる仕組みがある。

・初期費用がかかる。

 

 

どのネットビジネスも説明を受けると納得のビジネスモデルなのは確かでした。

しかし、必ずと言っていいほど初期費用が発生します。

その初期費用の妥当性に関しては少しだけ疑問でした。

ま、初期費用分を清算するのに時間はかかってもしっかりやれば

回収する見込みはある、というのがどのネットビジネスにも言える共通点です。

 

これらを踏まえた上で自分にあったネットビジネスのプランを選ぶことが大切だと言えるでしょう。

中途半端にやると必ず損します。

やるならば没頭する必要があるでしょう。

しっかり継続することができれば稼ぐ確率はもちろん上がります。

もちろん成果報酬が基本なので、最初は時給に見合わない作業になるでしょう。

 

ネットビジネスその1『株式・FX』

株と言っても日経255先物取引です。

この場合は株と違い、少額から始められるFXと似たもので、

売り、買いどちらでも利益をあげることができます。

 

博打である先物取引で利益をあげる為に

すごい人?が開発したシステムを使い、教育カリキュラムに沿って

マニュアル通りに進めていくことで、勝率をあげ資本を増やし

利益額を上げていくシステムみたいです。

初期費用としては確実に勝率をあげるシステムみたいです。

 

どんどん元手が大きくなるようなので

底なしに稼げるのではないでしょうか。

 

ネットビジネスその2『ビジネス教育』

こちらは一生涯お金に困らない教育カリキュラムのようです。

マーケティング独自の教材を使って学ぶことでお金の流動性を学び、

業界に限らず稼げる知識を手に入れるというもの。

 

初期費用はその教材のようですが、これは手厚いサポートや

実際に成功した?方は独立してビジネスを立ち上げる方が多いそうです。

実際に稼ぎながら資金を集めて独立に繋げられるようなので

ビジネスを自分で立ち上げたいという方はいいかもしれません。

 

ネットビジネスその3『MLM

これは最近出会ったのですが、一見ネズミ講のようなビジネスモデルなのですが、

ネズミ講のようなピラミッド型の組織ビジネスなのに代わりないのですが、

扱う製品が違っているんですね。しっかりとした市場の上にこれが成り立つという。

 

これもまた、参加するにはとあるサービスの会員になる為に

月額の料金が発生するのです。

稼げるようになると元は取れるようですよ。

組織を増やすことで安定して稼ぐことができるようなるんですね。

PR

 

ネットビジネスまとめ

他にも多数ネットビジネスをお勉強させていただきましたが、

本当にどこにでも転がっているなと思いました。

とりあえず、50万くらいあればすぐにどれも始められるみたいです。

 

自分にあったネットビジネスを探すと面白いかもしれませんね。

ネットビジネスの勧誘ではリスクなしやら、無料でなんて

勧誘されていますが、どれも元手は必要です。

しかし、元手さえあればどれもお金を稼げるのではないでしょうか。

 

以上、私が1年程度で出会ったネットビジネスに関する感想でした。