読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生は一言で語れないぜ!

Dreamerな僕の365日

【wordpress】【Mac】local開発環境でプラグインのインストールをするための手順

f:id:gold-rainbow8212:20170105142629p:plain

どうも You (@journeyeartj) | Twitter です。

今回はwordpress初心者のための挫折ポイントを解説します。

 

 内容はlocal環境で開発中に新しいプラグインのインストールに失敗した方必見の情報です。

すでに、本番環境、開発環境にwordpressのインストールに成功して、

サァ!開発スタートしたはいいものの、local環境で開発中に、テーマを変更したい!といったときに発生しがちの問題点になります。

 

FTPによるプラグインインストールを実施した際にFTPの設定を行なっていない場合に今回は発生した問題を解決する記事です。

 

下記手順を実行しましょう。

PR

 

 1. ローカル環境配下のwordpressフォルダを開きます。

 フォルダ内の"wp-config.php"を開きます。

開いた上記のファイルの一番下などに"define('FS_METHOD','direct');"

これでファイルシステムのアップデートを強制的に許可することができます。

 

 2. アクセス権限を付与します。

 Macのターミナルを開いて、Finderでwordpress直下を開いて、ターミナルにドラッグします。

ターミナルがwordpressフォルダにアクセスしますので、下記コマンドを入力します。

フォルダ内に"upgrade"ファイルがなかったので、"wp-content"配下にフォルダを作成します。

mkdir wp-content/upgrade

 

 

 ディレクトリ内にフォルダが作成できたのを確認したら、次はいよいよ権限付与です。

せっかくなので、それぞれの"wp-content"配下の"upgrade","themes","plugins"フォルダに権限を与えます。

chmod 0707 wp-content/upgrade

chmod 0707 wp-content/themes

chmod 0707 wp-content/plugins

 

コマンドを3回実施すれば、それぞれに権限が付与されます。

 

さ!もう一度プラグインのインストールに挑戦してみよう!

PR