読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生は一言で語れないぜ!

Dreamerな僕の365日

自分のライフスタイルに安心を得る居場所

コラム 生き方 考え方

 f:id:gold-rainbow8212:20160829221436j:image

↓筆者

twitter.com

 

空白のひととき

 時計の針が一番てっぺんで合わさった。

今日は休日であった。平日の休暇は久しぶりだった。

ランチを食べに外に出ると雨が、ランチを食べ終わると長居するのも居心地が悪く、夕食の買い出しを終えて帰宅するだけの1日だった。

なんともすっきりしない感情を抱きながらお風呂でこのモヤモヤを洗い流そうと少し熱めのシャワーを浴びた。

 

冷たい夜風とともに

 夏休みの終わりが近づいた。

またあの日々が始まるのか。すでに終わらせた夏休みの課題の山を眺めながら溜め息が出た。スマートフォンの止まない通知に耳を塞いだ。取り繕った奴らの群れが嫌いだ。

自分よりも下の人間を探して、自分が勝っていることに満足する連中。

あいつらとは合わない。

 

誰にでも港が必要

 あなたに心休まる居場所はあるだろうか。たまった鬱憤を晴らすための居場所はあるだろうか。風が流れる河川敷でもいい。机の下の小さなスペースでもいい。布団の中でもいい。家族と囲む夕食でもいい。恋人と過ごす休日でもいい。

 誰しも長い人生の中で全ての時間を自分中心に使えるわけでもなく。ストレスを抱える時間は誰にでもあるもの。こうした人生の中で心に余裕を持ちながら楽しく充実した人生を歩むためには、自分の知らない世界をみにいく勇気を持つといいと思う。

目の前に広がる世界だけで窮屈さを感じ続ける必要はない。窮屈な環境から飛び出す勇気がこれからの生活に豊かさをもたらしてくれるはず。

 新しい視点を持って明日を眺めてみることもお勧めする。