人生は一言で語れないぜ!

Dreamerな僕の365日

VR恋人化してしまっているあなたへ

f:id:gold-rainbow8212:20160809101033p:plain

どうも You (@journeyeartj) | Twitter です。

 

 23時を過ぎた時間帯にようやくコンビニで買い集めた夕食にありついた。

充電中のスマートフォンの明かりに気づいて覗き込むと、終盤なのかと思わせる文面にため息が出た。

 

 上京して3年目の夏。

すでにエアコンが効いた室内で、

少し汗ばんだ自分を缶ビールのせいだと自分に言い聞かせながら、

僕はアプリを起動して指先で文面を綴った。

 

 終わらせれば楽になることはなんとなくわかっていたが、

今更、現状以上の居心地の良さはないなと、

数ヶ月前を思い出しながら確信を付く言葉を避けた。

もう少し元気を分けてあげられたかなと反省した。

 

 決して、決定的なことは言わないように気遣っている文面先の君を思い浮かべながらその煩わしさにイライラする気持ちをなんとか堪えた。

こうした現状の中で、何を優先するべきなのかと考えた。

 

僕は、君の

「ありがとう。」

この文面に返信することなく日付が回った。