読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生は一言で語れないぜ!

Dreamerな僕の365日

【Android】アプリ開発を始める前に知っておこう!

f:id:gold-rainbow8212:20160723153749p:plain

 

どうも You (@journeyeartj) | Twitter です。

前に、めっちゃ初期的な技術を細々紹介していて、需要も少ないと感じたので、

■過去記事

・ポップアップメッセージの表示ですね! 

inovativ.hatenablog.com

 ・アプリから、OS搭載のブラウザを起動します!

inovativ.hatenablog.com

 ・ ディレクトリ内の役割を理解して、テキストの変更をします!

inovativ.hatenablog.com

 

今回は、独学でもなんでも最初にAndroid開発を始めるにあって、通るであろう道の紹介をしたいと思います。

 

現在私はAndroidアプリ開発を独学でお勉強中の身ですので、ターゲットはそこに絞ろうと思いますが、プログラミング教室に通い始める、予習をしておこうなんて人にも少しだけためになるだろうと思います。くれぐれも、ベテランさんは見ないでください。笑。(嘘ですよ。誰でも読んでくれるのは嬉しいですよ。笑)

 

 

Android Virtual Device Manegerを作成しよう!

今回のテーマは、アプリ開発において必要となるであろう仮想デバイスを作成するための知識をまとめました。

 

仮想デバイスはアプリ画面を開発機器上(PCなど)で表示することができるお利口さんです!作ったアプリの動作を見ることができたりと、かなりモチベーションが上がります!

しかし、こいつをちゃんと動かすのにてこずってしまう人も結構見るんですよね。笑

僕も時間にして1日くらい手こずってようやく動作させることができました。ネットで情報探しても結構難しいですね。

 

それでは本題です。

まず、しっかり仮想デバイスを動かすために下記項目を確認してください。

Android Studioのアップデート

SDK Platformの他のバージョンを用意

 

Android Studioのアップデート

Android Studioのアップデートは、アプリを立ち上げで、

"Help"から簡単に行えます。(Windows)

Macだと、ちょっと違うんですが、どちらも"Check for Update"をクリックするだけです。

f:id:gold-rainbow8212:20160723144416p:plain

"Check for Update"をクリックするだけで、アップデートの確認ができます。

 

 

SDK Platformの他のバージョンを用意

このカテゴリーは、Android SDKのバージョンの差異によって不都合が起こることを防ぐための準備となります。

Android SDK マネージャーで仮想デバイスに必要な内容をインストールします。

"Tool"-"Android"-"SDK Maneger"から起動します。

今回使用するAndroidバージョンの"SDK Platform","System Image"のインストールが必要になります。

インストールの祭は、項目の"Accept License"をクリックして、インストール可能な状態にしてからインストールを実行してください。

 

バイス作成に必要な作業が整った!デバイスを作ろう!

"Tool"-"Android"-"AVD Maneger"から起動。

"New"から新規作成。

 

と、好きなデバイスを選択して、作成できます。

詳しく中身の設定の説明は次回にしたいと思います。