人生は一言で語れないぜ!

Dreamerな僕の365日

本当に「長崎は今日も雨だった」?適当に調査しました。

f:id:gold-rainbow8212:20170413170104p:plain

 お久しぶりです。You (@journeyeartj) | Twitter です。

ニート生活一週間程度が過ぎました。私がニートになる紹介記事に関しましては下記をご覧ください。

 

inovativ.hatenablog.com

 

長崎は雨が多いの?

 脱サラしてから一週間長崎の地元で過ごしたのですが、時期もあるのかわかりませんが、ずっと4月は雨続きで外出する気が起きませんでした。出身が長崎なのですが、こんなにも毎日毎日天気が悪かっただろうかと思い悩む一週間でしたがようやく晴れ間が見えました。記事冒頭の写真は雨に負けずに生き残った桜の写真です。桜も久しぶりの太陽に照らされて心地好さそうですね。私も久しぶりの太陽に照らされながらお花見を楽しみました。

 

 そこでせっかく長崎以外で3年程度過ごしてきてようやく長崎は雨が多いのだと体で感じたので前川清さんの「長崎は今日も雨だった」にちなんで長崎はどれだけ雨が多いのか調査して見ましょう。

 

f:id:gold-rainbow8212:20170413171232p:plain

【出典】年間降水量:2014年 ( 年間降水量の都道府県ランキング - 都道府県格付研究所 )

 

 ここでの調査結果を見ると、18位以上であれば全国平均以上。つまり、長崎の年間雨量で見ますと、確かに全国平均を上回り、さらに11位…って11位かよ。ちょっと中途半端な調査結果となりましたが、確かに全国的に見ると雨は多い方でした。

 

長崎だって雨ばかりでもない?

しかし、ボケーっとその他のランキング等を眺めていると…

f:id:gold-rainbow8212:20170413172057p:plain

(年間晴れ日数 [ 2010年第一位 香川県 ]|新・都道府県別統計とランキングで見る県民性 [とどラン])

長崎は何位でしょう。

晴れの日も多い方ですね。かなり少ないデータから見ますと、長崎は雨量が多く、雨の日はそう多い方でもない。といったところでしょうか。ちゃんと晴れてるみたいですね。長崎への観光を考えている方などはこうしたデータ見ながら旅行の日程を組んで見るといい天気で観光地を回ることができるのではないでしょうか。

 

以上、かなりうっすい調査でしたが参考にしていただければと思います。

 

【退職エントリー】2017年3月31日を持ってサラリーマン引退しました

f:id:gold-rainbow8212:20170327192551p:plain

 

 日本の総人口数は平成29年3月1日現在で1億2676万人 (総務省統計局 調)

そして毎年人数を下げているが、20万人に満たない新卒者 (厚生労働省 調) が就職という道を歩んでいる。

 私も統計の一人にしっかりカウントされていただろうか、私は'14年の新卒者として企業就職の道を選んだ。サラリーマンとして3年間働いた私はこの度、独立することを決めました。20代の男子である私のサラリーマン引退を決断してちょっとだけ未来を語る夢と偏見の物語をみなさんにお届けします。

 

サラリーマンとなった私

 当時の私は公立高校の商業科の過程で学んでいた。高校受験の際に当高校の情報科への入学を目指していたが、学力が低く情報科の志望を諦めて商業科に志望を変えて受験した。高校を卒業したら就職をする気でいた私は実業高校への進学は絶対条件とした上で、高校進学を目指した。高校2年生の頃に情報系の企業を就職先にしたいと心に決めたが、高校の商業科の求人は情報系企業への就職を目指した私にとっては、興味を持てる企業はなく、自らネットで求人を拾って学校に提出したりした。学校側は、問い合わせしてくれたり、してくれなかったりした。どこも情報系学科を希望という回答だった。とりあえず就職を選ぶしかないのかという時に、システムオペレータの委託業務を請け負う企業を進路の先生から勧められた。一部プログラム開発を請け負っており、企業内のキャリアアップの中でプログラム開発業務に就けるのではという思いから、この企業への就職を決めた。

 

現実の社会人生活

 社会人1年生の私は働くことへのワクワク感しかなかった。仲間と企業の成長のために力を合わせて働く。こうした毎日を想像しただけに現実に愕然とした。企業にとって、本当に私が夢見た形が実現している企業は少なからずあるだろう。しかし、私が入社した会社、配属された場所はというと、ただ目の前に並べられた仕事をこなすだけの人たちばかり、飲みに行けば会社の愚痴。サラリーマンはこんなものかと感じた。考えてみれば仕方のないことなのかもしれない。社員みんなが会社のコンセプトに同意して入社してきた訳がない。社員みんなが会社の目標に向かって頑張っているだろうか。面接で何者かを演じ、ただ世間から遅れをとらないように就職をゴールに走っている。一見熱い言葉を並べる人はいたりするが、行動が伴っていない。口だけで何もしない。口癖は「難しいんだよ。」だ。こんな環境下で社会人生活を送ることが苦痛になり、私は上司に異動の希望を伝えた。もともとこの会社のプログラム開発を夢見て入社を希望した私は、開発の環境であるならば少しくらい努力を重ねる技術者が多くいるのではないかと考えたのである。入社1年に満たずに会社をトチってしまうのは早いと思いました。辞めるのはいつだってできる。何かこの会社から得てからでも辞めるのは遅くないと、開発者として働くために技術力を独学で勉強することにした。初心者であった私が開発環境で働くためには技術を見せなければと思ったので、プログラム言語、システムの知識。資格取得が早いかと思ったが、机上の勉強になってしまうと感じてすぐに資格取得の勉強はすぐにやめてしまった。

 

目標のプログラム開発者へ

 つまらないなと感じる、先輩たちのようになってたまるかと考えるようになった私は、とあるタイミングで本社主催のイベントに参加する機会を得た。その時に入社の時に参加していた部長さんに、異動したい。開発に異動させてほしいと訴えた。部長は顔も名前も知らない私に、「何ができる」、「開発と言っても様々だ」、このような事を世間知らずの私に説明してきた。やはり資格も技術もない私がこれから開発者として働くことは無理なのだろうかと感じた時に、私は3年間だけ目指そうと決めた。何か行動を起こす時に終わりを決めることが大事であると考えた私は、3年この会社で開発に異動できないのであれば退職すると決めた。そんな出来事から数ヶ月経つと、本社から私に辞令が出た。あの時の部長さんが私の異動のために動いてくれたという。ただ、異動先は研修室であり、そこで技術をつけろということだった。当然満足だった。このまま今の職場で毎日潰すくらいならば、スキルアップできる研修室でもなんでも自身の力をつけるために時間を使うことこができる。研修室への異動が決まった私は本社に拠点を置く研修室へ配属された。そこで私は職場によって人の意識は全く違うということを感じた。本社という場所だからなのか、または、それ以外に意味があるのかはわからなかったが、前の配属先とは全く違った人達がいた。少なくともこの時に、私はあの時辞めなかったこと事にホッとした。私は研修室で1ヶ月プログラミング技術を学んだ後に実際に業務アプリ開発を行う部署に配属されることになる。技術だけでなく、何かしらの行動が自身を導いてくれるのだと感じた。

 

見えた景色から退職へ

 夢見た開発環境で、プログラマーとの肩書きを得た私はここで1年半程度仕事をすることになるが、入社から3年で退職することになる。配属された環境は技術力は持った少数の下に一般的にプログラムが書ける社員が通常業務をこなす環境だった。チームリーダーがうまくチーム作りした、リーダーあってのチームだなと、それだけで今までの職場とは明らかに違うことを察した。圧倒的技術力の差を感じながらなんとか通常業務をこなせるまでになった私は、委託業務を行う企業の限界を感じた。自社開発を行うことのない企業は技術力をつけたとしてそれを発揮する場面に恵まれないなと感じた。日々、新しい事に挑戦して何か社会を変えられる事をしたいと考えるようになった私は、委託業務をこなせるようになって見えた景色に物足りなさを感じた。まだまだ業務の奥深さを知らないが故の感覚なのかもしれないが、奥深さを求める時間はないと、ここでようやく退職を考えた。よりクリエイティブな毎日を送るために私は何がしたいのだろうと考え始めた。

 

夢見がちな目標

 退職を考えた私は様々な人に会う機会があったり、若くで様々なことに挑戦している人をインターネットを通して知る機会があった。浅はかな考えだと自覚はしているが、独立・起業に興味を持つようになった。自分の意識のままに行動して道を切り開く。こんなにもエキサイティングな仕事が存在するのかと感じるようになった。挑戦するには今しかないと、若い内での挑戦をと、再就職など考えることなく独立へとシフトした。ただ、技術力もなければ自分の強みも見つけられない今の段階では何を軸に事業をするかが課題であった。そんな時に、私と地元が同じでありながら、地元の魅力を広めるために東京で様々な活動をしている方との出会いがあった。そこで私は初めて自分が生まれ育った町の魅力を知った。地方から東京に出てきて活躍する方々は多くいても、地方の中で活躍を日本に発信する人は少ないなと感じた。地方自治による地方活性化活動では着手しない新しいベンチャーを事業とした活動をしようと決めた。衰退する一方である地方のあり方を模索する。若い人を巻き込めるアイディアで勝負できる活動にしたい。何も形にできていない現状ではただの夢物語でありますが、4月から始動していきます。日本の課題に盲点を見つけて社会に影響を与えられる活動を目指したい。

 

Author : You (@journeyeartj) | Twitter

PR

夢を描く人に届けるネット記事No.1

f:id:gold-rainbow8212:20170323172321p:plain

 世は、3月で卒業を迎える。新しい環境へのシフトする方々が多くいるのではないでしょうか。人生設計の一つにこの記事を利用していただければと思います。

 インターネット社会が定着し、様々なものがインターネットが繋がる時代を迎えている。これからさらにインターネットが、生活から切り離すことのできない技術になっていくことだろう。

 

 更なるインターネットの進化を迎える私たちは、今のこの時代を築いた人々の歴史を知っていますか。今では身近に叫ばれるネットベンチャー。今でこそ様々なコンテンツが生まれ、ベンチャー企業の立ち上げが緩和されていることだと思いますが、最初からこうした時代によってネット社会が生まれたわけではないということを、歴史を紐解きながら知ってみたいとは思いませんか。

今この時代を迎えるまでのリアルを。

これからの時代を築くのは今の10代、20代です。

 

 インターネット時代を切り開いた怒涛の時代を出し惜しみなく著した書籍があった。『ネット企業!あのバカにやらせてみよう』(00年10月刊) です。若者のバイブルが今の10代、20代に直に伝わるのではないかと思います。

に、目標に、野望に、それだけに人生を捧げた若者たちが、どのように今の時代を造ってきたのか。みなさんが知っている実名で登場する。ドキュメントストーリーとなっています。紙では既に絶版となってしまったのですが、今!これがインターネットで読めるのです。皆さんの未来のガソリンとして是非読んで、一緒に世界を変えられるような挑戦をしてみませんか。

 

 ↓下記リンクがネット版ネット企業!あのバカにやらせてみようです。

www.nin-r.com

You (@journeyeartj) | Twitter

PR

ランサムウェア 対策を今から始めよう

f:id:gold-rainbow8212:20170226175506p:plain

 どうも、You (@journeyeartj) | Twitter です。

お久しぶりです。インターネットを自由に個人が扱えるようになり、手軽なインフラが築かれていますね。しかし、その気軽さの中にこそ、わるーい人は目的を定めて我々をはめようと動いているのです。そんなインターネットに接続された環境で生きている私たちは常に脅威に晒されているわけです。

 単純にセキュリティー対策と言ってもなかなか個人で手厚く対策している人は少ないと思います。そこで、このブログではセキュリティー対策の一歩として"気がける"セキュリティー対策をご紹介します。

 

なぜウイルス感染するの ?

 インターネットの誕生で、リアル以外で手軽に他人につながることができる"SNS"というツールがあります。みなさん多くの方がご利用中のことだと思います。みなさんが利用していてわかるように顔も名前も知らない誰かとインターネットを通じてつながることがすごく簡単なわけです。個人情報をインターネット上にあげる人や、登録している人もたくさんいるでしょう。最低限の情報はID・パスワードで保持できていると思いますが、今は公式サイトそっくりの画面を作って、あらゆる手段でその公式サイトを装った偽サイトへ誘導してID・パスワードを入力させ、不正に個人のID・パスワードを不正入手するような手があったりするのです。

 みなさんがお持ちのメールアドレス宛に怪しいメールが届いたりしますよね。こうした経験をお持ちの方はすでにメールアドレスの情報があなたの知らない人間に知られているということを気づいて欲しい。そこで、今回はメールアドレスからウイルス感染に発達するケースとして"ランサムウェア"というものについてご紹介します。

 

セキュリティー 対策って?

 多くは攻撃者(ウイルス感染させようと考える側。)はメールや、Webページによって特殊なリンクをクリックさせて、Webを閲覧させるだけで感染させたりするのです。とあるきっかけでウイルス感染してしまわないように、セキュリティー対策ソフトをお勧めします。セキュリティーソフトは怪しいリンクをセキュリティーソフトが制限させるのです。こうしてセキュリティー対策を行うことで自分の個人情報しかり、ウイルス感染にて金銭を請求されるといった事件に巻き込まれることを免れることができるのです。これからさらにインターネット上の情報が多くなっていけば、セキュリティーを気にして利用するコンテンツを選ぶことになるかもしれません。みなさんがまだ、セキュリティー対策について身近さを感じていないというならば、このブログをきっかけにセキュリティー対策の一歩を歩んでみてはいかがでしょうか。

PR

 

ランサムウェア って?

 ランサムウェア。聞いたことあるという人もいると思いますが、一体何なのだ?

という方がまだ多いのではと感じています。ランサムウェアの"ランサム"は身代金を意味しています。ランサムウェアに感染した被害者は、PC内のデータを暗号化され、大切なPCの情報にアクセスできなくなったり、PC自体をロックして、操作が制限されるようになります。攻撃者は暗号化したデータを元どおりに戻してあげる代わりに金銭を要求してくるのです。今ではビットコインを要求してくるケースもあります。

 

ウイルス感染するきっかけ ケースとは

 ランサムウェアへの感染経路はみなさんのすぐそばにあります。現在では利用が少なくなったメールを使って感染するケースがすごく多いです。企業では多くの場合でメールを導入しています。業務メールに似せたメールに添付されているリンクを一度クリックしただけで感染するんです。このブログの冒頭、私のツイッターページをご覧になられた方はもうすでに感染しているかもしれませんよ。笑

リンクをクリックする際にツイッター公式のリンクだと認識してクリックした方はセキュリティー対策を"気がける"という今回のテーマをクリアしています。何だろうと簡単にあっちこっちリンクをクリックしていては、どこにウイルスを仕込んだWebページが眠っているかわかりませんから感染の危険は高いです。しかし、リンクにだけ気を利かせていればいいというわけではありません。メールにはファイルも添付することができるのです。

 メールに添付されているファイルは特に気にかけましょう。テキストファイルや、PDFファイルは安心だと思っていい。実行ファイルと呼ばれるものが危ないのだ。

添付ファイルはファイルの拡張子を見れば種類がわかる。以下に紹介する。

 

・ファイル拡張子

テキストファイル : .txt

PDFファイル : .pdf

実行ファイル : .exe

 

 では、不明な実行ファイルにだけ気を使っていればいいとうわけでもありません。常に最新のウイルスが作られている世の中でこれだけとだということはないのです。一番は常に最新状態の信頼できるセキュリティーソフトを導入するのが一番のですが、"気がける"という行為だけで少しはセキュリティーに対して意識が高まる。セキュリティー対策にとって意識というのが一番大事なのだ。これからインターネット生活を送ることで何事もなく楽しく利用しよう。自ら情報リテラシーを養おう。

【映画】キセキ ~あの日のソビト~ GReeeeN結成ストーリー

f:id:gold-rainbow8212:20170130094046p:plain

ついに映画公開されました。

 映画「キセキ -あの日のソビト-」に松坂桃李菅田将暉ファンが映画館に押し寄せていますね。俳優ファンはもちろんですが、今回のこの映画は、代表作である「キセキ」を生み出した"GReeeeN"そして縁の下の力持ち!音楽プロデューサー"JIN"そして彼らを取り巻く一人一人の思いが生んだ奇跡の物語である。

 

注目のキャスト!

 映画館に来てまず気づくのは何と言っても女性ファンの多さだ。純GReeeeNファンとは違つ熱量を持って、パシャリ、パリャリと、スマートフォンのシャッター音と歓声が広がっていた。それもそのハズだなと、キセキの俳優陣を並べると、松坂桃李菅田将暉横浜流星成田凌杉野遥亮。いい男たちが並んでいるではないか。笑

これら俳優陣の生歌声もそうそう以上に完成度が高くて映画公開前から映画バージョンのグリーンボーイズが話題になっていた。劇中のライブや、収録する様子なども注目だ。劇中で歌う俳優陣の歌声は、それぞれGReeeeN4人の歌い方のレッスンを受けて映画に望んでいるそうです。多くのメディアですでに4人の歌声は注目されているとは思いますが、ぜひ劇中でそれを体験することをお勧めします。GReeeeN ヒデの実兄を演じた松坂桃李のハードロックバンドのボーカルも迫力満点で鳥肌が立ちました。

あとひとつ、これだけ注目俳優陣を集めて、公開箇所が少ないと感じたのは僕だけだろうか。

 

映画 キセキ ~あの日のソビト~ あらすじ

 松坂桃李演じるジンはメジャーデビューを目指すハードロックバンドのボーカルで音楽プロデューサーとして弟のヒデ(菅田将暉)がGReeeeNとしての活動を継続することで悩んでいるときに熱く活動を続けることを進める。音楽活動をずっと医者である父親誠一(小林薫)に反対されながらも認めてもらいたいと一生懸命に音楽に励む。弟ヒデのGReeeeNのプロデュースをきっかけに自分の存在としての役割に強いやりがいを見出していく。覚悟を決めた時のジンは男らしく父親に「心の医者になってみせる」と、また音楽への思いを強く募らせる。

ヒデは医大を目指す浪人生。医者である父親の影響もあり医者を目指して受験に励むがうまくいかず。しかし、そんな時歯が悪い母親の存在をきっかけに歯医者を目指す。歯医者を目指す思いと音楽が好きだという思いが時に重荷になるが、気持ちに素直になり、一度は活動を辞めるとしたがGReeeeNを続けようとナビ(横浜流星)、クニ(成田凌)に告げる。

ヒデの恋人である理香(忽那汐里)はビデオショップでヒデと出会う。ヒデが学業の成績に伸び悩んでいる時、GReeeeNの活動を辞めようとしていることを打ち明けると、「ヒデは何がしたいの」とヒデの音楽活動を応援しているからこそ、ライブで観たヒデを知っているからこその言葉をかけた。理香は歯医者を目指すヒデ、音楽が本当に好きで歌うヒデ。どちらも尊重していると理解しての言葉だと感じてすごく印象的だった。

メジャーデビューからヒットを続け、ある時、誠一の患者であり、重病を抱える結衣(平祐奈)がGReeeeNの「キセキ」に出会う。これをきっかけに生きたいという強い思いを結衣は誠一に伝える。誠一は医者である自分の仕事に誇りを持っているからこそ、命を扱う職業に強いこだわりがあったが、音楽への考え方が少し変わるきっかけとなった。ひたむきにそれぞれが思いのままに夢を追い、時には破れ、形を変えてまた夢を目指す。そんな壁を超えてこそ今のGReeeeNがあるのではないだろうか。学業と音楽活動を両立させ、今では4人拠点が別々でありながらこうして大ヒットを続けることができているのは決して何も疎かにしない4人のチームワークが、それを全力で支える存在。形にすることでようやく認められた活動。直球である彼らの音楽が私たちの胸に突き刺さって来る謎も解けるのではないだろうか。

kiseki-movie.com

PR

 

主題歌 GReeeeN ソビト

 ソビトとは映画HPより、【素人・空人】の意味を持つ。自由に新しいことへ挑戦していく人をさすGReeeeNの造語とある。ここまで葛藤を繰り返してきたGReeeeNだからこそだなと感じた。1月に発売したオールシングルアルバムに収録されている。

 素顔、名前を伏せて活動を続ける4人組男性ボーカルグループのGReeeeNが誕生して10周年を迎えるタイミングでGReeeeNの結成秘話には数々のドラマがあった。実話に基づいた物語になっている。10年彼らが活躍を続け、私たちに響く楽曲を届けれくれるのには数々のドラマがあった。そしてそれを支える様々な人の力があった。この映画で描かれるGReeeeNのメンバーの人柄なども細かく表現されている。表情で語る演技がすごく印象的でした。この映画の主題となった、「ソビト」はGReeeeNが10年前に作った曲で、この時だと感じてこの映画の主題歌にはこれしかないという思いを込めた曲だという。

映画関係リンク!

greeeen.co.jp

HighSpeedBoyz

High speed boyz inc. | 株式会社ハイスピードボーイズ

 

PR